ANA TOKYU POINT ClubQ PASUMOマスターカードを持つべき理由

マイル

ANA TOKYU POINT ClubQ PASUMOマスターカードは、ANAマイルを貯めるのに役立つカードって聞いてけど、どんなカードか知りたい!

この記事ではこんなことがわかります!

本記事の内容
ANA TOKYU POINT ClubQ PASUMOマスターカードの
・メリット
・デメリット
・年会費を割引する方法
結論、ANAマイルを貯めたいなら必ず発行すべきクレジットカードです。
それではいきましょう。

1.ANA TOKYU POINT ClubQ PASUMOマスターカードのメリット

最大のメリットは①. TOKYU POINTからANAマイルへ交換できること。

ポイントサイトで貯めたポイントをTOKYUルートで交換するときに必須のカードになります。

「なんでポイントサイトの話してんの?」という方はこちらの記事をどうぞ。

マイルの貯め方を紹介【ポイントサイトを利用】
マイルの貯め方を知りたい人 「マイルを貯めて得したいけど、貯め方がよくわからない・・・効率のいい貯め方はないのかな?」 そんなみなさんに向けたの記事です! 本記事のポイント ・マイルはポイントサイ...

他の②~④のメリットは他のカードにも優れたカードがあるので、おまけ程度のメリットです。

①.TOKYU POINTをANAマイルへ交換できる

このためだけに発行する価値は大いにあります。

なぜなら、このカードがないとTOKYUルートで損をするからです。

実は、他のTOKYUカードでもTOKYU POINTからANAマイルへ交換が可能ですが、以下の通り、ANA TOKYUカードのみが高還元率(TOKYU POINT1,000ポイント=750マイル)です。

よって、ポイントサイトで貯めたポイントをANAマイルに交換したい方には必須のカードといえます。

②.ワールドプレゼントポイントが貯まる

ワールドプレゼントポイントは発行会社である三井住友カードのポイントシステムです。

カード決済額1,000円ごとにワールドプレゼントポイントが1ポイント貯まります。

TOKYU POINTは貯まらないのでご注意ください。
例外として、東急系列店舗ではワールドプレゼントポイントに加えてTOKYU POINTが貯まります。(例:東急ストアだと200円(税抜き)=1TOKYU POINT)

ワールドプレゼントポイントはANAマイルに交換でき、以下のマイルコースに登録することができます。

5マイルコース ・移行手数料無料
1ポイント=5マイル(実質還元率 0.5%)
・移行上限なし
10マイルコース 移行手数料6,000円(税抜き)/年(4月~翌年3月末まで)
1ポイント=10マイル(実質還元率 1%)
・移行上限なし

ここで10マイルコースにすると実質還元率1%になりますが、カード決済でマイルを貯めるのは効率が悪いのと、6,000円/年もかかるので、無料の5マイルコースがおすすめです。

普段の買い物でマイルを貯めたい方はもっとお得なカードがあるのでそちらを使うのがおすすめです。

③.ANA提携店でマイルが貯まる

ANA提携店での決済はワールドプレゼントポイントに加えて、100円または200円に1マイルも貯まります。

例えば、セブンイレブンだと200円(税込み)ごとに1マイル貯まります。

他の加盟店はこちら
>>>ANAカードマイルプラス加盟店のご紹介

④.ボーナスマイルがもらえる

もちろん、ANA一般カードなので以下のボーナスマイルがもらえます。

・入会ボーナスマイル:1,000マイル
・継続ボーナスマイル(2年目以降):1,000マイル
・搭乗ボーナスマイル
まず、カードを持っているだけで毎年1,000マイルもらえるのはとてもお得ですね。
搭乗ボーナスマイルの計算式は「区間基本マイレージ×運賃種別ごとの積算率×10%」です。
搭乗マイルはANAカードで航空券を購入していなくてももらえます(航空券発券時にANAカードの会員番号と紐づけが必要)。
まさに、持っているだけでお得なカードです。

2.ANA TOKYU POINT ClubQ PASUMOマスターカードのデメリット

正直、上記4つのメリットに比べればデメリットは無視できるレベルですが、念のため確認しておきましょう。

①.ブランドがマスターカードのみ

残念ながらブランドはマスターカードのみ。

日本だとマスターカードが使えるお店はVISAやJCBと比べると少ないですが、日常利用ではもっとお得なカードがあるのでそちらで決済するのがおすすめ。

TOKYUルート目的でこのカードを使いたい方は、カード決済ではあまり使わないでしょうから気にしなくても大丈夫です。

②.年会費がかかる

初年度は無料、2年目以降は2,200円(税込)かかります。

しかし、年会費はないほうがもちろん嬉しいです。

そこで、次では年会費を割引する方法を紹介します。

3.ANA TOKYU POINT ClubQ PASUMOマスターカードの年会費を割引する方法

ANAカードの年会費割引特典は以下の2種類

・Web明細書サービス利用➡1,650円(税込)(550円(税込)割引)
・マイ・ペイすリボの利用➡826円(税込)(1,374円(税込)割引)
年会費割引特典は割引率が高い方が採用されます。片方の割引額しか適用されません。
なので、割引額が高いマイ・ペイすリボの利用がおすすめ。
割引の適用条件は1回以上リボ手数料の支払いがあることです。
例えば、リボ支払い額を10,000円に設定していた場合です。
11,000円のカード利用をすると、1,000円が次回の支払いに繰り越されリボ手数料の支払い対象となります。
リボ払いの手数料率は15%なので計算式は以下のとおり
1,000円×15%×30日(次の支払日までの日数)÷365日≒12円
この場合、手数料12円払うだけで年会費が2,200円(税込み)➡826円(税込)になります。
1回支払えばOKなので、年会費割引のみが目的の方は、リボ支払金額の設定額をあげて、上限を超えないようにしておきましょう。
マイペイすリボの設定が面倒な方、手数料の支払いが心配な方は設定が簡単なWeb明細書サービス利用での割引をしましょう。

4.まとめ

以上より、ANA TOKYU POINT ClubQ PASUMOマスターカードはポイントサイト経由でマイルを貯めたい方には必須のカードと言えます!

・TOKYUルートには必須のカード
・カード決済でもANAマイルが貯められる
・年会費はマイ・ペイすリボで割引がお得
ポイントサイトでがんばって貯めたポイントをTOKYUルートでお得に交換して、飛行機をタダで乗りまくりましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました