ANAマイルを貯めたい方へおすすめするポイントサイト3選

マイル

ANAマイルを貯めたい人
「ANAマイルをポイントサイトで貯められるのは知っているけど、実際、どのポイントサイトで貯めたらいいんだろう・・・」

こんな方に向けた記事です!

・おすすめのポイントサイト3選を紹介
・貯めたポイントをマイルへ交換する方法がわかる
この記事を書いている僕は、ポイントサイト歴5年ほど。
現在では毎日のようにポイントサイトでポイントを貯めています。
「何でANAマイルが貯めたいのにポイントサイト使うの?」という方はこちらを参考にしてください。
マイルの貯め方を紹介【ポイントサイトを利用】
マイルの貯め方を知りたい人 「マイルを貯めて得したいけど、貯め方がよくわからない・・・効率のいい貯め方はないのかな?」 そんなみなさんに向けたの記事です! 本記事のポイント ・マイルはポイントサイ...
※本記事でご紹介する内容は記事執筆時のものです。変更になっている場合もありますのでご注意ください。

1.ANAマイルを貯めたい方へおすすめポイントサイト3選

ANAマイルを貯めたい方へおすすめするポイントサイトは以下の3つです。

・ハピタス
・モッピー
・ちょびリッチ
ショッピングで貯めたり、クレジットカードの発行で貯めたりと、基本的な貯め方はどのポイントサイトもそこまで変わりません。
本記事では、ANAマイルを貯めるという視点でそれぞれ解説していきます。

① ハピタス

ハピタスをおすすめする理由は以下のとおり。

ANAマイルへの還元率がキャンペーンで実質90%
・「お買い物あんしん保証」という独自の制度がある
まず、ご存じのとおり、ハピタスからANAマイルへは直接のポイント交換ができません。
あとで解説しますが、「TOKYUルート」という交換ルートを使うと還元率75%でハピタスのポイントを交換できます。これが最近の主流です。
しかし、以下のキャンペーンでANAマイルへの「TOKYUルート」を使った還元率が実質90%になっています(2020年7月時点)。

引用元:https://d-money.jp/

注意点は、ドットマネーからTOKYU POUNTへ交換した際に、ドットマネーのポイントが20%還元されるところです。
ハピタスのポイントが還元されるわけではないので注意しましょう。
また、ハピタスには「お買い物あんしん保証」という独自の制度があります。
これはポイントサイトをはじめたばかりの時によくある「ポイントサイトを経由したのにポイントが反映されていない!」といったことを防げる制度です。
これはユーザーにとってとても助かる制度ですね。

引用元:ハピタスhttps://hapitas.jp/

ハピタスはマイルへの還元率が高く「お買い物あんしん保証」もあるのではじめてのポイントサイトとしておすすめです。

② モッピー

モッピーをおすすめする理由は以下のとおり。

・ANAマイルへの交換率が実質86.3%
・無料ガチャ・ゲームが充実
モッピーでは「エクスレスキャンペーン」として、ANAマイルへの交換が実質86.3%還元されます。これはハピタスに次ぐ高還元率です。

引用元:お小遣いサイトモッピーhttps://pc.moppy.jp/

モッピーでは、毎日の無料ガチャで0.5~5ポイントもらえます。
また、無料ガチャを回してもらえる参加スタンプを貯めて参加できる「プレミアムガチャ」で5~100ポイントもらえます。

引用元:お小遣いサイトモッピーhttps://pc.moppy.jp/

他にも、無料ゲームやクイズ・アンケートなど、無料でポイントがもらえるコンテンツが充実しています。
「まずは無料でポイントが貯めたい」という方はモッピーがおすすめです。

③ ちょびリッチ

ちょびリッチをおすすめすr理由は以下のとおり。

・ドットマネーで還元率アップキャンペーンがある
・会員ランク制度でポイント還元率アップできる
ドットマネーでは、ちょびリッチからのポイント交換について、定期的な増量キャンペーンをやっています。
ANAマイルへの交換は、ドットマネーへの交換が必要なので、このキャンペーンはチェックしておきましょう。

引用元:https://d-money.jp/

ちょびリッチには会員ランク制度があり、会員があがるごとにもらえるポイントがアップしていきます。

引用元:ちょびリッチ

会員ランクは、過去6ヶ月の「広告利用履歴」の広告利用回数、または獲得ポイント数によって決定します。

プラチナになるには、広告利用回数12回の達成を目指す方がおすすめ。なぜなら、月2回ペースで広告利用すれば達成可能だからです。

        広告利用回数        獲得ポイント数             次月のランク
12回 or 30,000pt プラチナ
6回 or 20,000pt ゴールド
3回 or 5,000pt シルバー
1回 or 500pt ブロンズ
0回 or 0pt レギュラー
複数のポイントサイトで貯めていくと分散してしまうので、メインで還元率の高いハピタスで貯め、サブでモッピー・ちょびリッチで貯めていくのがおすすめです。

2.ポイントをマイルへ交換する方法

ポイントサイトで貯めたポイントは、ANAマイルへ交換する必要があります。

紹介した3つのポイントサイトで貯めたポイントは、全て「TOKYUルート」でANAマイルへ交換できます。

もちろん、ANAマイル以外にも現金やAmazonギフト券といった交換先も豊富ですので、必要に応じて交換先が決められるので使い勝手がいいです。

① ポイントをマイルへ交換するルート

還元率が高い「TOKYU POUNTルート」、このルートを覚えておけばOKです。このルートで交換するには以下への登録が必要になります。

① ドットマネー(無料登録)
② TOKYUPOINT(クレジットカードが必要)
③ ANAマイル(ANAマイレージクラブに無料登録)
注意点は、クレジットカード(ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード)が必須な点です。
「クレジットカードを発行するのは面倒だ・・・」という方もいるかもしれませんが、マイルの価値を考えるとむしろやらなきゃ損といえるほどです。
なぜなら、マイルの価値は一般的には1マイル=2円という考え方ですが、実際は、国内線だと1マイル=4円、国際線では1マイル=9円といったこともめずらしくありません。
つまり、ポイントサイトで貯めたポイントが9倍以上の価値になることがあるので、検討する価値ありといえます。

② マイルへ交換する際の注意点

マイルへ交換する際の主な注意点は以下のとおり。

・交換ルートが使えなくなる可能性がある
・交換には時間がかかる
・一応、交換上限がある

以前「ソラチカルート」という交換ルートが主流でしたが、2019年にポイントの交換ができなくなってしまいました。なので、「TOKYUルート」も万能ではないことを、念のため覚えておきましょう。

交換には時間がかかります。例えば、モッピーの場合は最速で1ヶ月必要と考えておいたほうがよいでしょう。

モッピー→ドットマネー 即時反映
ドットマネー→TOKYU POUNT 2週間から1ヶ月程度
TOKYU POUNT→ANAマイル 1週間程度

一応、交換上限もあります。ドットマネーからTOKYU POUNTへの交換上限は月10万マネーです。

月10万ポイント貯まることはまずないので、そこまで気にしなくても大丈夫です。

このように、交換にかかる時間・交換上限があるので、旅行の日程にむけて計画的に交換していくようにしましょう。

ドットマネーへの登録がまだの方はこちらの記事を参考までに。

ドットマネーへの登録方法【TOKYUPOINTの交換まで】
「マイルの交換にはドットマネーへ交換するのは知ってるけど、登録ってどうやるんだろう?ドットマネーからTOKYUPOINTへの交換方法は?」 そんな疑問に答えます! 本記事の内容 ・ドットマネーへの登...

3.まとめ

最後までご覧いただきありがとうございました。

ポイントサイトで貯めたポイントをマイルに交換するのは少し手間がかかりますが、それ以上の価値があるので多くの人がやっているのだと思います。

みなさんも効率よくマイルを貯めて、タダで飛行機に乗っちゃいましょう!

タイトルとURLをコピーしました