【初心者向け】ふるさと納税のやり方【わかりやすく解説】

ふるさと納税

ふるさと納税はやった方がいいって聞くけど、よくわかんないな・・・

この記事を読むとこんなことがわかります!

本記事の内容
・ふるさと納税の手順
・ふるさと納税サイトの選び方・おすすめ
ふるさと納税はやらない理由が見つからないほどのお得な制度ですのでぜひ活用しましょう!
僕も働き始めてからは毎年ふるさと納税をしていますので、お得な返礼品をいくつももらってきました。
それでは解説にいきましょう。

ふるさと納税のやり方

大まかな手順としては以下のとおり。

1.寄付金控除上限額を確認する
2.ふるさと納税サイトを選ぶ
3.寄付する地域・返礼品を選ぶ
4.確定申告で税金控除を受ける
※寄付したい地域・返礼品がすでにきまっていたら、それに合わせてふるさと納税のサイトを選んでもOKです。

1.寄付金控除上限額を確認する

ふるさと納税を最大限に活用するためには、まずは寄付金限度額を確認しましょう。

ふるさと納税は、必ず2,000円は自己負担ですが、寄付金控除上限額を超えた支払いも自己負担となりますので注意しましょう。

なので、お得に活用するには寄付控除上限額までに抑えるようにしましょう。

例えば、年収400万円の一人暮らしの方の場合、41,000円(自己負担2,000円含む)までが寄付金控除の対象目安です。

以下のサイトからご自身の収入、家族構成にあわせて簡単なシミュレーションしてみましょう。
>>>ふるさと納税控除上限額シミュレーション(さとふる)

注意点は、あくまでもシミュレーションであり目安である点です。住宅ローン控除や医療費控除などの控除を受けている場合は上限が変わってくるので注意しましょう。

2.ふるさと納税サイトを選ぶ

次は、ふるさと納税するサイトを選びです。

サイトを選ぶときは以下の点に注意しましょう。

・返礼品数が充実しているか
・お得なキャンペーンやポイントがあるか
・自分に合った決済方法があるか
Amazonギフトコード券がもらえるキャンペーンや「楽天ポイント」や「Tポイント」がもらえるサイトがありますので、ぜひ探してみてください。

「探している暇がない!」という方には、以下のおすすめふるさと納税サイトをご紹介します。

おすすめふるさと納税サイト
さとふる:返礼品数10万以上!決済方法も豊富

ふるなび:Amazonギフトコードが寄付金額に対して3%還元
楽天ふるさと納税:楽天ポイントが貯まる・使える

※自治体と直接やりとりして寄付する方法もありますが、上記のふるさと納税サイトでは定期的なキャンペーンをやっていたり、支払いでポイントがついたりするので、ふるさと納税サイトから寄付した方がお得です。

3.寄付する地域・返礼品を選ぶ

「自分の地元に寄付した!」というように、すでに寄付したい地域が決まっている方は2.ふるさと納税サイトでその地域の返礼品から選べばOKです。

どちらかとういうと、お得な返礼品から寄付先を選ぶ方が多いでしょう。

お得な返礼品を知りたい方は「人気返礼品ランキング」から探してみると失敗が少ないのでがおすすめです。

4.確定申告で税金控除を受ける

ここが一番重要なポイントですね、申請手続きをきちんとしなければ税金控除は受けられません。

サラリーマン・公務員などの給与所得者であれば「ワンストップ特例制度」を利用するのがおすすめ。

個人事業主の方は残念ながら利用できません。

<ワンストップ特例制度を利用できる条件>
1年間で寄付した自治体が5自治体以下であること 
➡寄付回数ではないので注意、何回寄付したとしても5自治体以下であればOKふるさと納税以外に確定申告をする必要がないこと
➡以下のようなそもそも確定申告が必要な方はこの制度を利用できません。
 (例)個人事業主の方
高額な医療費を支払いによる医療控除を受ける方
サラリーマンでも不動産収入などの副収入がある方

ワンストップ特例制度は、自治体に申請書を送るだけで確定申告の手続きが完了する制度です。

返礼品と一緒に送られてくる申請書(寄付金税額控除に係る申告特例申請書)の提出が必要なので紛失しないように注意しましょう。

自治体への申請期限は寄付した年の翌年1月10日までです。年末にまとめてふるさと納税をする際には、提出期限までに自治体へ申請書を郵送するように注意しましょう。

まとめ

これまでの流れのおさらいです。

1.寄付金控除上限額を確認する
2.ふるさと納税サイトを選ぶ
3.寄付する地域・返礼品を選ぶ
4.確定申告で税金控除を受ける
税金の話となると難しそうで避けてしまいがちですが、ふるさと納税は関連サイトも充実しており、ワンストップ特例制度が利用できれば初心者の方でも簡単に手続きができるので、ぜひ活用してみてください!


タイトルとURLをコピーしました