【初心者向け】「マネーフォワードME」の設定方法をわかりやすく解説

節約

「マネーフォワードME」は便利そうだけど、初心者でも使いこなせるかな・・・設定とかめんどくさくないか?

この記事ではこんなことがわかります。

この記事の内容
・マネーフォワードMEとは
・マネーフォワードMEのメリット・デメリット
・マネーフォワードMEの設定方法
結論、初心者でも使いやすい便利な無料家計簿アプリです。
クレジットカードやQRコードといったキャッシュレス化が進むなかで、家計の管理に役立つ要素が多いのでぜひ使ってみてください。

マネーフォワードMEとは?

マネーフォワードMEとは、2,000以上の金融サービスと連携することで、家計簿の自動作成や資産の一括管理ができる大人気の家計簿アプリです。

マネーフォワードMEに連携できるサービスは銀行口座をはじめ、クレジットカード、Amazonなどの通販、証券や投信といった投資関係まで多数の金融サービスと連携することができます。

連携できる金融サービス
・銀行
・クレジットカード
・電子マネー
・ポイント
・携帯電話
・通販
・証券
・仮想通貨・FX・貴金属
・投信
・年金
・サービス連携
>>>【公式】対応金融サービス一覧

これだけの金融サービスを網羅しているので、マネーフォワードMEを使えば、買い物履歴や貯金を一括に管理でき、節約につなげることができます。

マネーフォワードMEのメリット

マネーフォワードMEを使うメリットを説明していきます。

マネーフォワードMEのメリット
・分散した資産を一括管理
・銀行の入出金やカードの支払いの通知が来る
・家計診断で節約ポイントがわかる

分散した口座を一括管理

最大のメリットは、勝手に口座をまとめて家計簿作成してくれることです。

連携している銀行口座やクレジットカードの支払いを全て自動で管理してくれるため、毎月の収入や支出を一目で確認できます。

やることは「マネーフォワードMEと連携する」だけなので、家計簿作成の手間がなくなります。

銀行の入出金やクレジットカードの支払いの通知が来る

銀行の入出金やカードの支払いがあったら通知で教えてくれます。

・Monthly、Weeklyメール
銀行口座の残高や入出金履歴をメールで通知
・出金、引き落とし金額アラートメール
クレジットカードの引き落としの数日前に通知
3、5、7日前から自由に設定可能
・入出金アラート
一定金額の入出金があった場合に通知
金額は自由に設定可能

「クレジットカードの支払いが思ったより高かった」、「引き落とし日に口座にお金が入っていなかった」というトラブルも防ぐことができます。

家計診断で節約ポイントがわかる

マネーフォワードMEでは、食費や光熱費など、項目ごとに予算設定ができます。

その予算と毎月の収支を比較することで節約ポイントが見えてきます。

登録した「性別」「年齢」「家族構成」といった条件から、条件が似た他人の家計と比較できる「家計診断」という機能があります。

他人の家計と比較して、「自分はどの項目が使いすぎているか」、「あとどれくらいで理想の家計となるのか」がわかるので、節約ポイントを簡単に把握することができます。

マネーフォワードMEのデメリット

正直、これといったデメリットはありません。

しいていうなら、マネーフォワードMEには有料版(月480円)があること。

一番大きな違いは連携可能な件数です。

無料版は10件まで連携可能ですが、有料版は月480円で、件数は無制限です。

【一覧】有料版でできること
・口座の一括更新
・口座の更新頻度アップ
・口座連携数が無制限
・資産・負債がグラフで一目瞭然
・1年以上前のデータが閲覧可能

自動で家計簿を作ってくれるメリットが大き過ぎるので、基本的に気にせず使えます。

まずは無料版を使ってみて、「便利で使いやすいかったら有料版にする」でOKです。

1ヶ月無料で有料版を試すこともできますので、そこもお見逃しなく!

セキュリティーは?

銀行口座を連携するとなると心配になってくるのがセキュリティーの問題。
不正アクセスされて、勝手にお金が引き出されないか心配な方もいるでしょう。
実は、マネーフォワードMEには、銀行などのWebサイトへのログインIDやログインパスワードしか情報は渡りません。
また、ほとんどの銀行はAPI連携の方式で採用しており、IDやパスワードすら不要になります。
マネーフォワードMEが取得する情報
〇 ログインID、ログインPASS
  (API連携方式だと不要)
✕  カード番号、ワンタイムパスワード
さらに、通信時も保管時もすべて暗号化、二段階認証でセキュリティを強化しているので、安心してマネーフォワードMEを利用することができます。

マネーフォワードMEの設定方法

スマホ版、WEB版があり、会員登録すればすぐに無料で利用開始できます。

今回はスマホ版の登録方法をご紹介します。

まずはこちらからアプリをダウンロードします。
>>>【無料で登録完了】マネーフォワードME

① アプリを開くと以下の画面が開きます。

 

 

 

 

 

 

②「上記に同意してはじめる」を押す。

③「”MoneyFwd”がサインインのために”moneyfoward.com”を使用しようとしています。」と出てきますので、「続ける」を押します。

④ マネーフォワードIDの登録がまたの方は、この時に登録で問題ないです。登録済みの優秀な方はログインしてください。

⑤ 簡単なプロフィールを入力します。

⑥ 連携したいサービスをいくつか選択して、試しに1つと連携してみましょう。

⑦ たとえば、ゆうちょ銀行だと登録する際には、ゆうちょ銀行のサイトへ移り、ログインすることになります。

           

⑧ 認証が完了したら、マネーフォワードに戻って「連携する」をクリック

⑨ これで連携は完了です!アプリに反映されているか確認しましょう(反映には数分かかる場合があります)。

まとめ

マネーフォワードMEは、無料で簡単に家計管理ができるおすすめの家計簿アプリです。

特に、節約したいけど時間がない人には、マネーフォワードMEが勝手に家計簿を作成してくれるのでおすすめです。

キャッシュレス化が進んでいる中で、家計管理もアプリで簡単に済ませてみてはいかがでしょうか?
無料登録はこちらからどうぞ!
タイトルとURLをコピーしました